坂部多美絵

トラベルエディター・水中リポーター/「月刊DIVER」元編集長

子供の頃、毎年夏は海辺にある祖父の別荘で1か月過ごし、ボディーサーフィンに明け暮れ、海への憧憬を深める。
15歳でグアムで体験ダイビングをし、水中世界に魅了される。

大学時代は近代文学を専攻し、谷崎潤一郎、井伏鱒二、三島由紀夫を研究する一方、ダイビングサークルに所属しライセンスを取得。久米島や伊豆半島、三宅島でダイビング、千葉や湘南ではボディボートを楽しむなど海三昧の日々を過ごす。

大学卒業後は広告代理店に入社するも、海をライフワークにしたいという思いを募らせ、ハワイへ留学。語学を学びながら、ハワイ大学海洋哺乳類研究所でイルカの視覚・聴覚認知力の調査チームに所属し、さらにダイビングのインストラクター取得、ホスピス・ハワイでのボランティアなど幅広く活動。その経験をハワイの情報誌「Japanese Beach Press」にて連載。

帰国後はスクーバダイビング専門誌「月刊DIVER」編集部に所属し、水中リポーター兼 編集者として国内外のビーチリゾートを取材。

海外取材は約30カ国 100回以上、
国内取材は沖縄・伊豆半島・紀伊半島を中心に200回以上。
水中のみならず、観光スポット、飲食店なども取材し、旅先としての魅力をトータルで紹介。同誌にて編集長を12年務める。
また、海のスペシャリストとしてTVやラジオへの出演、水中撮影コーディネーターなど幅広く活動。

ダイビング経験本数1500本以上。スキューバダイビングインストラクター、潜水士。2020年に独立し、海、旅、環境問題、SDGsなどをテーマに執筆活動中。

趣味はフラダンス、水泳、ウクレレ、ピアノ、写真撮影、料理、利酒。